遠瞻生活Future Life

Pulse NG シリーズ

主に金属切削、ロボット、工業機械の動作等衝撃の “自己診断方法” を提供する方面に応用されます。

広範な応用範囲:加工マシンセンター、旋盤、研削盤、専用機、多ステーション専用機、

供給機、ロボットアーム及びその他の工業搬送システムに広く採用されております。

■ 早めに衝撃が検知でき、1/1000秒以内に反応できます。

   衝撃によって機械には損傷が発生した場合の損失を減少します。

 

■ IBU処理機は4400のドキュメント記録と64枚の画像を貯蔵できます。

   (衝撃発生前後の5秒間に)

 

■ 予め機械の部品(例えば、軸受、ボルト)の摩耗や損壊等を予測できて、

   機械のメンテナンスコストを下げられます。

 

■ 衝撃検知システムは8種類の方法を提供します。それぞれのニーズに従って、

   適合な監視システムを起動させます。

 

■ 3軸センサーに温度検知器を内蔵します。0~70度の温度が検知できます。

 

■ 機械の使用寿命及び加工品質を高められます。

 

■ 機械の停止時間の減少及び機械稼働率の増加